鼻づまりで食べ物の味がしない!辛い花粉症・鼻炎解消法!

口腔アレルギー症候群について

「口腔(こうくう)アレルギー症候群」と聞いても、あまり馴染みがなく初耳の方も多いでしょう。

 

どういうアレルギーかというと、花粉症の人が生野菜や果物を食べた時、口の中や唇に痒みが出たり、痺れや腫れが起きて呼吸がし辛くなる。

 

また、喉が詰まるような違和感に襲われる事があれば、「口腔アレルギー症候群」である可能性があります。

 

発症を誘発しやすい食べ物としては、
果物だとグレープフルーツ、リンゴ、メロン、桃、マンゴーで、野菜だとニンジン、ジャガイモ、セロリ、トマトなどがあり、その中でもウリ科の植物には注意が必要です。

 

また、これ以外にもナッツ類、特にアーモンドやピーナッツは口腔アレルギーを誘発しやすい代表的な食べ物です。

 

花粉症の中でも、約20人に1人が口腔アレルギー症候群だと言われています。

 

口腔アレルギー症候群になりやすい人は、ブナ科が原因でアレルギー反応を起こす人です。

 

ブナ科の植物は、北海道や関東地方に多くあります。

 

そのため、他県から北海道や関東地方に引っ越した時に発症してしまう方もいます。

 

代表的なスギ花粉やヒノキ花粉だけが原因で花粉症になっている人は、
ほとんど口腔アレルギー症候群になることはありません。

 

 

口腔アレルギー症候群の症状

 

 

アレルゲンとなるウリ科の植物やナッツ類が口の中に入る際、唇に触れただけでも痒くなります。

 

口の中に入れると、口腔内の粘膜や舌がヒリヒリして痒くなったり腫れることもあります。

 

過剰反応してしまう人だと、腹痛や下痢、嘔吐などに悩まされる事もあり、
蕁麻疹が出るという人も中には存在します。

 

最も重い症状になると、喘息が起きて呼吸困難になったり、アナフィラキシーショックを引き起こす事もあります。

 

 

口腔アレルギー症候群の原因は?

 

 

野菜や果物、ナッツ類を食べると発症する口腔アレルギー症候群が、
なぜ花粉症と関係があるのか、それはアレルゲンが同じだからです。

 

花粉のアレルゲンと、植物性の食物に含まれるタンパク質の構造は共通しており、
口の中に入れた時に直接口内粘膜に植物性食べ物のアレルゲンが触れ、アレルギー反応が起こり発症してしまうのです。

 

特に、果物や野菜、ナッツ類にはタンパク質が多く含まれており、
これが花粉症の原因であるアレルゲンと共通しています。

 

口腔アレルギー症候群を予防するには?

 

 

アレルギー症状を未然に防ぐためには、花粉症シーズンは植物性の食物を避けた方がいいです。

 

特に、ブナ科が原因で花粉症になっている人は絶対に避けることを推奨します。

 

万が一食べてしまい、少しでも唇や舌が痒くなったら、すぐにその食物を食べることを止めましょう。

 

体内に吸収されて重症になりやすい食物アレルギーとは異なり、口腔アレルギー症候群は口の中で起こるため、そこまで重い症状に襲われることは稀ですが、それでも発症してしまったら薬を飲んで安静にするようにして下さい。