鼻づまりで食べ物の味がしない!辛い花粉症・鼻炎解消法!

花粉症がコンタクトレンズを使うと危険!?

視力が悪く、目が見えないからコンタクトレンズをつける。

 

眼鏡と違って目の周りが邪魔にならないし、本当に画期的なアイテムですよね。

 

でも、花粉症の人がコンタクトレンズをつけると、目を傷つけてしまう恐れがあるのでお勧め出来ません。

 

花粉が飛んでいる時期は、コンタクトレンズと眼の間に花粉が入り込んでしまい、目がゴロゴロしたり、充血し、場合によっては痛みも出ます。

 

コンタクトレンズを付ければ、それがバリアとなって防いでくれるんじゃないの?

 

というイメージになりがちですが、コンタクト自体は眼球の表面を覆っているわけではなく、
眼球の上の層、涙の膜に貼りついているだけです。

 

そのため、涙に花粉がついてしまうと眼球にも混ざってしまい、
コンタクトレンズを取り外す他対処する方法が無くなってしまいます。

 

コンタクトレンズの上から目薬は効果があるの?

 

花粉で目が充血したり、ゴロゴロして痒くなった場合は、
花粉症用の目薬をさして症状を緩和しようとしますよね。

 

でも、コンタクトレンズの上からだと効果がないどころか、
逆に危険なケースがあるので避けた方が賢明です。

 

目薬には、防腐剤が含まれているものが多く、
それをコンタクトレンズが吸収してしまうと目のトラブルに繋がることもあります。

 

また、防腐剤が含まれていない場合でも、コンタクトレンズとの相性が合わないケースも考えられるので、
目薬をさす時は一旦レンズを外してからさし、眼球とコンタクトを洗浄してから着け直すようにしましょう。

 

どうしてもコンタクトレンズを使用するなら!

 

基本的に、花粉症の人はコンタクトレンズを使用せず、メガネを装着した方が
物理的に花粉から眼球を守ることが出来るし、目薬も小まめにさしやすいのでお勧めです。

 

でも、中にはどうしてもメガネではなくコンタクトでないといけない、
嫌だという人もいるかもしれません。

 

大事なデートがある、スポーツが趣味だからコンタクトレンズじゃないと困る、
メガネが邪魔で鬱陶しい、似合わないから装着したくない等、
人によって理由は色々あると思います。

 

そんな方は、使い捨てのワンデー(1day)のコンタクトを使用して下さい。

 

ワンデーであれば、使用後にそのまま捨てればいいだけなので、
洗浄する必要もなく後処理も簡単です。

 

それ以上のコンタクトを使用してしまうと、数日〜数週間同じものを使うことになるので、
何度洗浄してもやはり清潔さの維持が難しくなってきます。

 

そのため、どうしてもコンタクトレンズがいい!という方は、ワンデーを使用して下さい。

 

ただ、やはりメガネの方が花粉シーズンを乗り越える、という意味では汎用性が高く、
安全面でも良いので、可能な限りコンタクトレンズは避け、メガネを使うことをお勧めします。