鼻づまりで食べ物の味がしない!辛い花粉症・鼻炎解消法!

妊娠中・授乳中に花粉症の薬を飲んでも大丈夫?

妊娠中だったり、授乳中であるママさんは、
花粉症でもむやみに薬を飲めないところが辛いですよね。

 

妊娠中であれば、
薬を服用すると胎児に影響が考えられるし、
授乳中なら赤ちゃんに与える母乳に影響が及びそう。

 

このような理由から、花粉症でも薬を飲まない方がほとんどです。

 

特に、妊娠するとホルモンバランスが変化するため、
以前より花粉症がひどくなったり、今まで花粉に悩んだことが無い人も、
突然花粉症体質になってしまうケースも存在します。

 

妊婦は、ただでさえ体調が悪い日もあって辛いのに、
これに加えて花粉症までひどいと本当にきついはずです。

 

実際、妊娠中・授乳中に薬は飲んじゃダメなの?

 

妊娠16週頃までは、花粉症の薬を含め、
妊婦は基本的に薬を飲まない方が良いとされています。

 

これには理由があり、妊娠16週頃までは、お腹の中で身体の核である臓器、
心臓や肝臓など、重要な組織が形成されている大切な時期です。

 

この期間は、いかなる理由でも薬は控える必要があります。

 

もし、妊娠16週未満の妊婦さんであれば我慢が必要になります。

 

それ以降であれば、産婦人科医に相談すると、
状況に応じてアレルギーを抑える処方をしてくれます。

 

赤ちゃんが無事生まれ、授乳中である場合でも、
薬の成分が母乳を通じて赤ちゃんに流れてしまうため、
市販薬の服用は避けて下さい。

 

授乳中でも、薬の服用は産婦人科医への相談が必要です。

 

ただし、これらは飲み薬(内服薬)の場合です。

 

目薬など、1点にのみ効果がある外用薬であえば、
使用しても体内まで届くわけではないの問題ありません。

 

お腹に赤ちゃんがいても影響はないですし、もちろん母乳にも影響は及びません。

 

ただし、稀に「プラノプロフェン」という成分が含まれている目薬があり、、
出産を遅らせるという結果がマウス実験で出ているため、
これを含む使用は控えて下さい。

 

市販の目薬や外用薬を使う際は、
必ず薬局で薬剤師の方に確認してから使うことをお勧めします。

 

いずれにせよ、花粉によるアレルギーを抑えたいと考えた際は、
「薬」の成分をチェックするか、分からなければ専門医の指示を仰ぎましょう。

 

薬に不安があれば、えぞ式スースー茶を飲んで抑えるのも効果的です。

 

花粉症予防に最適な「お茶」なので、身体を心配する方にはお勧めです。

 

妊婦はお腹の中にいる胎児、授乳中は赤ちゃんの健康が最優先です。

 

どうしても薬を飲まなければならない場合は、そのリスクをしっかりと認識した上で服用しましょう。