鼻づまりで食べ物の味がしない!辛い花粉症・鼻炎解消法!

鼻呼吸はこれだけ重要!

人間は、1日約29,000回もの呼吸を繰り返します。

 

新鮮な「酸素」を体内に取り入れ、不要な「二酸化炭素」を体外へ出す、
生命維持に必要不可欠なこの呼吸ですが、呼吸方法によって身体に様々な影響を与えます。

 

私達人間は、本来息をする際に「鼻」で呼吸をする生き物です。

 

なので、当然鼻呼吸をした方が、身体にとっては良い効果があります。

 

では、具体的に「鼻呼吸」をすることでどのようなメリットがあるのかをご紹介します。

 

免疫力の向上

口呼吸と違い、鼻の中には『粘膜』と『鼻毛』があります。

 

この二つが「フィルター」としての役割を果たすので、
空気中のゴミやホコリ、ウイルスをダイレクトに吸い込む心配がなくなります。

 

風邪や病気への免疫力向上に繋がります。

 

熟睡が出来る

 

鼻呼吸は、睡眠中無意識に口を閉じ、保湿した空気を循環させるため、
結果的に良質な呼吸となり、安眠することが出来ます。

 

アンチエイジング効果がある

 

口をしっかりと閉じることで、顔を引き締めることに繋がり、
鼻筋や口元がキュッと見えるようになります。

 

口呼吸だと、ポカーンと口が常時開いているので、
それだけで口元がたるんで見え、みっともない見た目になります。

 

また、鼻呼吸には顔の歪みを整えるメリットもあり、シワやたるみの改善にも効果があります。

 

歯が強くなる

呼吸時、ムダに口を開くことがないため、それだけ口内の唾液量が多くなります。

 

唾液が多いことで、歯の洗浄や虫歯予防に繋がり、歯が強くなります。

 

口臭予防

 

口臭が発生する最も大きな原因は、口の中の渇きです。

 

口の中の唾液量が多いことで、口臭予防に繋がるだけでなく、
鼻呼吸だと周囲の人に自分の口臭が直接届かないので、ニオイが分かりづらくなります。

 

 

鼻呼吸にするだけで、これほどメリットがあります。

 

では、逆に口呼吸の人がどれだけ損をしているのか、
そのデメリットについて紹介していきます。

 

口呼吸のデメリット