鼻づまりで食べ物の味がしない!辛い花粉症・鼻炎解消法!

寒暖差によるアレルギーとは?

季節の変わり目は、寒暖の差が激しくなります。

 

特に冬が終わり、春へと季節が変化する時期は要注意が必要です。

 

昨日は気温が0℃近かったのに、今日は太陽が出て暖かく15℃もあったなど、
前日との気温差が極端になるケースが頻繁に起こります。

 

この暖かさ、寒さによる寒暖差が原因で、風邪や体調不良になる人が続出します。

 

『寒暖差アレルギー』と言われ、他の鼻炎と違いアレルギー検査をしても
特定のアレルゲン(アレルギー反応の原因)が見つからず、
血液や鼻水からは何も検出されません。

 

通常のアレルギー症状は、花粉、ハウスダスト、猫や犬の毛が引き金となり
症状があらわれますが、このアレルギーはどれにも該当しません。

 

温度差による、周囲の環境変化が発症の原因となり、
別名「血管運動性鼻炎」とも呼ばるのが、この寒暖差アレルギーの特徴です。

 

症状としては、以下になります。

◆具合が悪く熱っぽいのに、体温は平熱のまま
◆鼻水の色が無職透明
◆食欲がなくイライラする
◆疲れやすく眠れない
◆目が炎症して痒くなる
◆咳が止まらない

 

どんな人がなりやすいの?

 

あまり運動をしていない人や、成人女性です。

 

女性は、男性に比べて冷え性の人が圧倒的に多く、
外気の気温に敏感です。

 

温度差に反応しやすい女性は、
寒暖差アレルギーになり易いと言われています。

 

また、運動不足で免疫力が弱い方もなりやすく、
男性でもなる人は年々増加しています。

 

女性で運動不足の方は、特に発症しやすいので注意が必要です。

 

また、布団から出た時、クシャミや鼻水が出る人は、
もしかしたらこのアレルギーにかかっている可能性もあります。

 

防ぐためには、カイロや厚着で寒さ対策をしっかりと行い、
室内と外の寒暖差を開かせないことが重要です。

 

また、普段からエレベーターを使わずに階段を使ったり、
1駅区間歩くなど、運動不足を解消して免疫力をアップさせることも効果があります。