鼻づまりで食べ物の味がしない!辛い花粉症・鼻炎解消法!

口呼吸は危険!鼻呼吸が出来ない場合のデメリット

人間の赤ちゃんは、生まれた時「鼻呼吸」をします。

 

これは、本能として遺伝子で組み込まれています。

 

しかし、体が大きくなるにつれ、アレルギーや鼻炎の影響で鼻がつまり、
徐々に「鼻呼吸」が出来ない状態になってしまい、
「口呼吸」の方が楽に感じて、呼吸方法を変えてしまうケースも。

 

口呼吸に慣れてしまい、それが当たり前になってしまうと、様々なリスクが発生します。

 

鼻呼吸だと起こらない、口呼吸のデメリットについてまとめました。

 

風邪を引きやすくなる

 

 

鼻には、鼻毛や粘膜があり、それらがホコリやゴミから体を守ってくれています。しかし、口には何もありません。

 

空気をダイレクトに体内に取り込んでしまうので、
風邪などのウイルスから身を守ることが出来ず、
すぐに喉を傷めてしまったり、風邪を引きやすくなります。

 

口が臭くなり、虫歯にもなりやすくなる

 

 

口から息を吸い込み吐き出すので、息継ぎと同時に
「モワァ〜」っとした口臭も一緒に口の外に出てきます。

 

お喋りをしている時であれば、相手に直接ニオイが届いてしまい、不快な思いをさせるかもしれませんし、あなたの印象も下がります。

 

また、口呼吸は息をする時に口を開いてしまうため、口内を乾燥させてしまい唾液量が少なくなります。

 

殺菌作用のある唾液が少なくなることで、雑菌が増え、口臭がきつくなるどころか、
虫歯になる可能性もグッと上がってしまいます。

 

口の中は、乾燥させないに越したことはないのです。

 

熟睡出来なくなり、イビキも大きくなる

 

 

口臭と同じ理由で、睡眠時、口呼吸により口が常に開いた状態になることで、口の中が乾燥してしまい喉を傷めてしまうケースが多くなります。

 

そして、睡眠時の口呼吸は、体勢的に喉を圧迫する状態になるため、気道の確保が出来ずイビキをかきやすくなります。

 

もともとイビキをかいている人であれば、更に大きくなることもあります。

 

身体にとっても良くありませんし、
家族と一緒に寝ている場合であれば、迷惑もかかってしまいます。

 

 

このように、口呼吸はデメリットだらけなので、鼻呼吸へ早急に戻すことが重要です。