鼻づまりで食べ物の味がしない!辛い花粉症・鼻炎解消法!

正しいマスクの装着方法は?

花粉症対策で必須アイテムなのが、マスクですよね。

 

花粉だけでなく、風邪などのウイルスなど、
マスクには色々な空気中の汚れを吸収防止する働きがあるので、
あると心強いです。

 

しかし、マスクは正しく装着しないとその効力を発揮することが出来ません。

 

あなたはが普段付けているマスクは、正しい方法で付けていますか?

 

エーザイ株式会社が行った調査によると、調査対象者の内、
なんと73%の人が正しいマスクの装着が出来ていなかった。
という結果が出ています。

 

ほとんどの人が、マスクを付ける時は気を付けるのですが、
付けたら後は何も意識しないため、花粉やウイルスの付着を招いてしまっています。

 

もちろん、マスクを付ける時も大事ですが、外す時、外した後も注意が必要となります。

 

マスクを外す時はフィルターに触れてはいけない

 

マスクのフィルター部分には、
花粉もウイルスも大量に付着しています。

 

せっかく今までマスクのおかげで防いできたものを、
自らの手で付着させてしまうことになるのです。

 

当然、これは外す時だけでなく、装着中も当てはまります。

 

マスクのフィルターには絶対に触らないようにしましょう。

 

表裏・上下の向きがある

 

多くのマスクは、ゴムの接着面が外側になるよう装着するのが正しい方法です。

 

これが逆になると、内部がチクチクしてしまいます。

 

また、マスクにはノーズフィルターがあるので、鼻の形に合わせてワイヤーを折り曲げ、しっかりとフィットするよう整えてあげましょう。

 

重要なのは、フィット感です。

 

フィットしていると感じることが出来れば、それだけ隙間が少なくなっていることになります。

 

この付け方については、意外に間違える人も多いので注意しましょう。

 

使いまわしは絶対にダメ

 

これは文字通り、マスクの使いまわしをするのは完全に逆効果になります。

 

「昨日使ったマスク、思ったより汚れが付かなかったから今日も使っちゃおう!」

 

このように思うこと、たまにありますよね。

 

勿体ないという気持ちは大事ですが、マスクに限っては使いまわしてはいけません。

 

すでに付着した花粉やウイルスを、自らの口に持っていく行為となるので絶対にやめましょう。

 

使用後は必ず手を洗う

 

マスクを付けた後は、
外してそこで終わりではありません。

 

取り外す際、必ずマスクを触るので、当然手にも花粉やホコリなどの雑菌が付着しています。

 

しっかりと水で洗い落として初めて、花粉症対策として最大の効果を発揮出来るのです。

 

 

 

マスクの正しい使い方まとめ

 

上記を踏まえ、マスクの効果を存分に活かすためにすべきことは以下の通りです。

 

@鼻や口をしっかりと覆えるマスクを使用する

 

Aフィルター部分には触らない

 

B表裏、上下の向きを守り、正しい装着を行う

 

Cもったいなくても使いまわしはしない

 

D使用後は、すぐに手を洗う

 

これら徹底し、マスクを正しく使用して身を守りましょう!