鼻づまりで食べ物の味がしない!辛い花粉症・鼻炎解消法!

寝起きは症状が悪化する?

普段はそこまで症状がひどくなくても、
寝起きだけはくしゃみ、鼻づまりが止まらないという人が存在します。

 

俗に『モーニングアタック』と言われ、
その名の通り、朝の寝起きの時に発作的に起きる症状です。

 

イメージとしては、朝、目覚めた時に強烈なアレルギー性鼻炎の症状に襲われる、
といった感じです。

 

眠い中起きて、ただでさえテンションが低い朝の寝起きのタイミング、
これから通勤通学に向かうために準備するのが本当に嫌になりますよね。

 

しかも、このモーニングアタック、厄介なことに鼻水やくしゃみだけでなく、
通常の鼻炎ではあまり起きない不快な症状が同時に起きることがあります。

 

<モーニングアタックが引き起こす症状とは?>

 

寝起きに鼻水やくしゃみが止まらなかったり、
朝からやる気をなくさせるモーニングアタックですが、
他にどのような症状を引き起こすのでしょうか。

 

●機嫌が悪くなりイライラする
●目覚めが悪くなり寝坊しやすくなる
●やる気がなくなり朝の支度がテキパキ出来ない
●仕事や勉強でミスが出やすくなる

 

いかがでしょうか。

 

あなた自身、身に覚えがあるのではないでしょうか。

 

特に鼻炎持ちの人は、そうでない人に比べてなりやすいと言われています。

 

このような症状に襲われると、生活の質が下がってしまうので、
モーニングアタックの不調で悩む人はたくさんいます。

 

<モーニングアタックの原因は?>

 

モーニングアタックが発症する原因は様々ですが、
主に以下の3つが最大の原因と考えられています。

 

【1】自律神経の乱れ

 

 

自律神経のバランスが一時的に乱れ、モーニングアタックが出るケースがあります。

 

自律神経とは「呼吸」「消化」など、自分の意思とは関係なく、
体内の機能として無意識に働く神経の事を指し、
朝活発的になる交感神経と、夜間活発的になる副交感神経とでバランスを調整しています。

 

寝起きは、この2つの自律神経が切り替わるタイミングなのですが、
この切り替わりがうまくいかないと、鼻の粘膜が過敏になります。

 

過敏になった状態でちょっとした刺激を受けたり、
大気中のホコリやアレルゲンが鼻の中に入ったりすると、
起床したタイミングでモーニングアタックに襲われてしまうのです。

 

【2】睡眠中にアレルゲンを吸ってしまう

 

 

夜間は、自分自身が動かずベッドの上で寝ているため、
空気の流れが静かになり、花粉やハウスダストが下に溜まり易くなります。

 

布団にはダニやハウスダストが集まり易く、
睡眠中でも吸ってしまうとアレルギー反応が起きます。

 

また、起床と同時に布団をバサッとめくってしまうと、
それらが一気に自分の周囲に舞い散ってしまうため、
寝起きに症状がひどくなる場合もあります。

 

【3】寒暖差による刺激

 

 

冬や春先など、暖かい布団の中から出た時、
身体の温度が急激に下がることがあります。

 

この時、鼻の粘膜も寒さの刺激により収縮します。

 

その収縮に伴い、アレルギー反応が起きてしまいます。

 

モーニングアタックを未然に防ぐには、
就寝時にマスクを着用したり、部屋を綺麗な状態に保ち、
ホコリやハウスダストの絶対数を少なくする事が大切です。

 

部屋が汚い場合、掃除をするだけで改善されることもあるので、
定期的に掃除機をかけ、部屋をクリーンな状態にすることを心がけましょう。

 

また、空気清浄機を活用し、汚れた空気を排除するのも効果的です。