鼻づまりで食べ物の味がしない!辛い花粉症・鼻炎解消法!

雨の日は花粉の飛散量が少ないって本当?

花粉症シーズン真っ只中でも、
雨の日になると花粉の飛散量が少なくなって一安心。

 

確かに、雨によって空気中を舞っている花粉が全て地面に叩き落され、鼻や口から花粉が入りづらくなるため、
症状が一旦治まったように感じます。

 

しかし、実際には花粉の絶対量は全く減っていません。

 

強い雨が降り続け、花粉が地面にくっ付いたままだと一番いいのですが、雨が少しの間でも止んで、風が強くなったら、その後は本当に悲惨な状況に陥ります。

 

地面に叩きつけられていた花粉が、風によって再び飛散し、
一気に鼻の穴や口から入り込み、花粉症のツライ症状が出始めます。

 

最も警戒すべきなのは、雨の日の翌日です。

 

もし、雨の翌日が晴れていて、風が強かった場合は、
ただでさえ花粉が大量に飛散する条件を満たしてしまっています。

 

さらに、前日の雨で下に叩きつけられ、地面にくっついていた花粉までも
一緒に空気中を舞ってしまうため、より花粉量が多くなってしまい、
マスクなしでは外に出られない状態になります。

 

雨の日だからと言って、決して油断することは出来ないのです。

 

雨の日は症状がひどくなる人も!

 

普段はそこまで花粉症の症状がひどくないのに、
雨の日になると、鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目の痒みといった症状が酷くなる人もいます。

 

雨が降ると、気圧が低下します。

 

気圧が下がることで、アレルギー反応を起こしやすい「ヒスタミン」という
体内の成分が増えるため、アレルギー症状が活発になる場合があります。

 

もしかしたら花粉症ではない可能性も??

 

雨の日にだけ、花粉症の症状が強く出る場合は、
そもそも花粉症ではないケースも考えられます。

 

スギ、ヒノキ、ブタクサなど、晴れの日に活発な花粉に反応せず、
雨の日にアレルギー書状が出るのであれば、おそらく原因は他にあります。

 

黄砂、カビ、ダニ、ハウスダストによるアレルギーの可能性が高いです。

 

特に、カビやダニなどのハウスダストは、湿気の多い雨の日や、
梅雨の時期に大量発生するため、アレルギー反応が起きやすくなります。

 

同じ鼻水やくしゃみでも、症状を発生させる原因は様々です。

 

自分のアレルギー症状が何であるかはっきりと分からない場合は、
一度血液検査をしてみて、明確に原因を把握することも重要です。