鼻づまりで食べ物の味がしない!辛い花粉症・鼻炎解消法!

洗濯時の行動には注意が必要!

花粉症の飛散量に関係なく、
生活をしていれば洗濯物は必ず出ます。

 

運動好きでスポーツをよくする方であれば、
汗をたくさんかくので、より洗濯物の量は増えます。

 

花粉症シーズンの洗濯って、毎回洗った後の干し方に悩みますよね。

 

花粉の付着を嫌がって部屋干しをすると、
乾いた後のニオイが、外干しと全然違って良い仕上がりにならなかったりします。

 

こうなると、花粉が着くから外干しはしたくない、というわけにもいきません。

 

でも、やっぱり花粉が衣類についてしまうと、当然花粉症の症状がひどくなります。

 

外干しをする際、これを知っているのと知らないのとでは、大きな差が出てくるので、
以下を参考にして洗濯時の花粉症対策を行っていきましょう。

 

取り込むときにしっかり払い落す!

 

 

これ、当たり前なんですが、意外とやらない人が多いんですよね。

 

理由は、ベランダで洗濯物を取り込んでいる最中も花粉に襲われているからです。

 

外に出たら、とにかくすぐに洗濯物を取り込んでしまいたい!
という心理面が働いてしまい、きちんと花粉を落とし切れていないのです。

 

後々の事を考えると、必ず洗濯物取込み時に払い落とした方が良いため、
マスクやメガネを装着した上、洗濯物に付着した花粉をしっかり落としましょう。

 

この際、自分が着ている服にも同様に花粉がつくので、
洗濯物を取り込み、部屋に戻る時は払ってから入るよう心がけましょう。

 

柔軟剤は必ず使おう!

 

 

洗濯物が柔らかくなるから、服がいい匂いになるから使いましょう!
という理由では、もちろんありません。

 

当然、柔軟剤にはこのような効力もあり、
ほとんどの家庭で重宝されているかと思います。

 

しかし、柔軟剤は他にも重要な役割を果たしています。

 

静電気を防止する効果も含まれているのです。

 

静電気が発生しなければ、衣類に花粉やホコリがつきにくくなります。

 

柔軟剤は、花粉症から身を守る効果もあるのです。

 

外干しの間違った知識

 

花粉症対策をしていたとしても、
外干しが逆効果になるものがあります。

 

それは、布団やタオルを外干ししてしまうことです。

 

布団は面積が大きく、
払っても簡単に花粉やホコリを落とせません。

 

また、寝るときに体と直に密着するため、
花粉を吸い続ける状態となってしまいます。

 

タオルも同様の理由で、顔や手を拭いたりするので、
外干しは避け、部屋干しをしましょう。

 

どうしても外に干したい場合は、カバーで覆うなどした対策を行いましょう。

 

布団叩きもやっちゃダメ!

 

布団叩きを使い、衣類をバンバン叩けばそれだけ花粉が落とせる!

 

このイメージがあるかもしれませんが、絶対にしてはいけません。

 

軽く叩くだけならまだしも、強く叩いてしまうと花粉は衣類の深いところへどんどん追いやられ、内部に蓄積されてしまいます。

 

こうなると、表面の花粉を落としても、
内部から発生する花粉に苦しめられます。

 

花粉シーズンの洗濯物の取り扱いには、様々な注意が必要なのです。