鼻づまりで食べ物の味がしない?辛い花粉症・鼻炎を治す方法!

花粉症の具体的な症状とは?

花粉症が引き起こす代表的な症状は、大きく3つあります。

 

@くしゃみ

花粉という『異物』が鼻の粘膜に付着することで、
それを体外に出そうと体が無意識に反応します。
これは生体防御反応と言って、くしゃみはその代表的なものの一つです。
アレルギー性鼻炎も同じ理屈です。
花粉、ダニなど、反応するものは人によって異なりますが、
くしゃみは全て同じ理由で起こります。

A鼻水

くしゃみ同様、花粉をはじめ、大気中のホコリやゴミなど、
鼻から入り込んだ『異物』を洗い流すために鼻水が出ます。
風邪の粘り気がある鼻水と違い、
花粉症の場合は透明でサラサラしているのが特徴的です。
風邪?アレルギー性鼻炎?と判断に迷った時、
鼻水でどちらか判断することが出来ます。

B鼻づまり

鼻の中に付いた花粉、ホコリの影響により、
粘膜が腫れてしまい空気の通り道が狭くなってしまいます。
これが鼻づまりの原因で、粘膜が腫れるまで少し時間がかかるため
くしゃみや鼻水と比較すると、後から症状が出てくるのが特徴です。

 

 

Bの鼻づまりについては、これに付随して様々な症状が連鎖します。

 

『鼻のかみ過ぎは危険?』でも紹介したように、
鼻づまりは中耳炎や頭痛などの症状を引き起こします。

 

その他にも、日常生活において様々なデメリットがあります。

 

 眠れなくなる

 

鼻呼吸がし辛くなり、眠る時も息苦し状態が続きます。

 

また、せっかく眠れたとしても、睡眠中の呼吸が詰まり
「イビキ」の原因になってしまいます。

 

熟睡が出来ないため朝起きても疲れが取れず、
生活に影響が生じてしまう可能性があります。

 

 口が渇き咳が出やすくなる

 

鼻での呼吸が出来ない為、自然と口呼吸になります。

 

そのため、渇いた空気が直接口の中へ入ってしまうので、
口やのどがすぐに乾燥して渇きます。

 

また、鼻と違い空気を吸い込んだ時、
鼻毛のようなフィルターが口にはないため、
ホコリをダイレクトに吸い込んでしまいます。

 

そのため、咳が出やすい状態に陥り易く、悪循環となります。

 

 

また、こちらにもあるような食べ物の味、
ニオイがしなくなるといったものもあります。

 

花粉、アレルギー性鼻炎は、生活上様々な支障をきたすのです。