鼻づまりで食べ物の味がしない!辛い花粉症・鼻炎解消法!

風邪と花粉症の具体的な違いって何?

風邪をひいたかな?それとも花粉症?アレルギー性鼻炎?

 

自分でも、今自身が襲われている症状が何なのか分からない時があります。

 

鼻炎持ちの人なら、鼻水くしゃみ=風邪とはならないですからね。

 

では、これらを見分けることは出来るのでしょうか。

 

答えは出来ます。

 

目の痒みの有無を確認!

 

 

見分けのポイントとして、まず最初に目の痒みがあるかないかをチェックしましょう。

 

目の痒みがある⇒花粉症・アレルギー性鼻炎・ハウスダスト

 

目の痒みがない⇒風邪

 

鼻炎の場合は目が痒くなりますが、風邪の場合はなりません。
目のかゆみの原因は、花粉が直接目に付着することです。

 

これに対して、身体の免疫機能が過剰に反応してしまい起きることなので、
風邪に対しては当てはまらないのです。

 

咳の有無を確認!

 

 

目の痒みがない場合、次は咳の有無をチェックしてみましょう。

 

咳が出る⇒風邪の可能性が高い

 

咳が出ない⇒花粉症・アレルギー性鼻炎・ハウスダスト

 

稀に、花粉症でも咳が出る人がいるため、目のかゆみよりも判断材料としては弱くなります。

 

熱の有無を確認!

 

 

高熱がある⇒風邪

 

出ても微熱⇒花粉症・アレルギー性鼻炎・ハウスダストの可能性が高い

 

高熱が出るのは、風邪の特徴的な症状です。
花粉症であればほとんど平熱のままで、出ても微熱程度です。

 

切り分けとしては、37.5℃以上は風邪、それ以下は鼻炎で起こるものとして判断しましょう。

 

悪寒・吐気・下痢

 

 

悪寒・吐気・下痢あり⇒風邪の可能性が高い

 

悪寒・吐気・下痢なし⇒花粉症・アレルギー性鼻炎・ハウスダスト

 

これは風邪独特の症状なので、非常に分かり易いと思います。

 

 

このように、区別が難しいと思われがちな風邪と花粉症の見分け方も、
一つ一つ切り分けて行くと意外に簡単に判断することが出来ます。

 

他にも、鼻水の色や喉の痛み、頭痛の有無も切り分け材料となりますが、
人によって症状が出る出ないケースがあり、多少曖昧になってしまいます。

 

また、目も痒くない、咳も出ない、熱もないし悪寒も吐き気も下痢もない。
ただ、くしゃみや鼻水だけは出るという方は、軽い花粉症に該当します。

 

気になった場合は、上記で紹介したものと合わせて、見分け基準として参考にして下さい。